第49回中国地域自転車道路競争大会

2014年06月15日

レポート by 真嶋

チームを超えて走る中国ロード
得意のコースで結果は出たのか?

今年も、3年連続で広島選抜に選ばれ、中国地域ロードレースに参戦してきました(^O^)
川口君は、ベルギー遠征のため、ケンズからは一人で参戦してきました!!
梅雨の時期なので、雨が心配でしたが当日は快晴で絶好のレース日和でした☆彡
むしろ、ムシムシして暑い(;´Д`A

良い天気だ♪今回のコースは、鳥取県倉吉の農道などを使ったコースで、アップ、ダウンのクライマーにはもってこいのコースでした(*゜▽゜*)

僕の仕事は、スタートと同時にアタックをして、人数を削ること。
広島のエースに楽をさせること。
ある程度削ったら、集団と合流して、ゴールを狙うこと。

という、とても大事な役目(>_<)
まぁ、毎年キーマンの仕事なんですが(´・ω・`)

もちろん、前夜は寝れませんでした(笑)


スタートして、前方に各チームの強者が固まっていたので、うまく前に行けませんでした(´;ω;`)
1周目の長い登りで、いっきにアタック!! 各チームの登りに弱い選手はどんどん千切れていきました(^O^)

しかし、僕もかなり脚を使ったので、頭もフラフラしてきてかなりヤバイ↓↓
しかも、一週目で広島のエース大町君が落車で一回転してもうた(´Д` )

シルベストの宮口くんと!2周目、集団の最後尾で脚を貯めて、またも長い登りで渾身のアタック!!
さらに、集団を削りました(^-^)
「うん、こりゃ完走無理だ!!」 って、自分の中で思いました( ´ ▽ ` )

後ろから、もう一人のエース伊藤さんが「よくやった!!人数がかなり減ったから、あとは無理して引かなくていい」 っていう指示が出たので、とにかく集団後方で脚を回復させました。

3周目、各チームの強者たちが次々にアタックをかけます。
アタックと吸収の繰り返しでしたが、ついに鳥取の清水さんが飛び出していきました。
最後まで集団に残って入賞を狙おうと思い、脚をためつつ、登りではボチボチ頑張りました。

なんで、山登り???結局、最後まで集団にいたんですが、ラストの坂で脚が売り切れてしまい、
集団から遅れてしまいました(´Д` )
結果、70キロの獲得標高1500m登って、47人中9位☆彡
入賞まではあとひとつでした(´Д` )
得意なコースだけあったので、とても悔しかったです↓↓

来年は、広島のエースとして走れるよう、今後も精進します!!
レースのあとは、鳥取の船上山にハイキングにいきました(笑)

BY 真嶋


[ もどる ]