北海道サイクリング

2010年6月13〜15日

レポート by コバヤシ


自転車乗りなら一度は北海道を走ってみたい!と思うはず。
そんな夢を密かに実行していたコバヤシさんからレポートが届きました!

1日目(美瑛〜十勝岳温泉 往復40km)
注) 北海道の道路地図を見ながら読んでください。

6月13日 2:00 千歳空港でみんなで飯食ってから解散。
       5:00 レンタカーにて美瑛到着。自転車組み立て。
       5:30 スタート

最初の5kmほぼ緩やかな登り。 クマ出没注意の看板が不気味。
しばらく走ると白金温泉のホテルが。
このあたりから勾配がだんだんきつくなっていくけど、まだ4〜5%くらい。
目の前に雪を被った山々が見えてくるので、第興奮。

      

道は広くて、空気はうまいし快適に上り続ける。
途中でキタキツネを発見。

望岳台の手前あたりから勾配きつくなる。
特に2ヶ所14%と15%くらいの箇所があったけど、全体としては6〜8%くらいかな。

1時間30分かかって、ゴール地点の十勝だけ温泉に到着。
車や自転車で上れるのはここが限界。登山する人達の入口。
標高1000mちょっと。
800m越えたあたりから雪が残ってて、寒い。



19時で、夕日がとてもきれい。
写真では出ない鮮やかな赤い太陽でした。

でも暗くなるとヤバイので、ウインドブレーカーを着てさっそく下る。道が広いし、直線が長いのでスピード出る出る。

途中、脇から鹿が飛び出してきて、危うくぶつかりそうになるが、鹿もビビって、よけてくれたので助かった。でかくて、俊敏な奴。
あっという間に駆け抜けていったので、写真取れず、残念!

スタート地点の車まで戻って、本日ステージ終了。19時半。
ここから富良野のホテルに戻って(途中で飯食って21時半チェックイン)早く寝るつもりが・・・・

サッカー見て23時はベットに入ったものの、暑い!!エアコンを最強にしても暑い!!
結局エアコン壊れてたみたいで、窓を開けて寝ようとしたが、なかなか温度が下がらない。
足は走ったあとで、火照ってるし、アイシングしながら、部屋の温度が下がるのを待つ。

結局そのあと、あけた窓から虫が飛び込んできてバタバタうるさくて、2時位にやっと眠れた。
明日は層雲峡まで車で移動してから190km弱のスペシャルステージ。
3時半起床の4時過ぎ出発。
さてさて、どうなることやら。。。

1日目終了。


2日目(大雪ダム〜三国峠〜ぬかびら温泉郷〜芽登〜置戸〜石北峠〜大雪ダム)187km

前日、なかなか眠れなかったが、目覚まし無しで、バッチリ3時半起床。
準備運動して、朝4時半出発で層雲峡にむかう。

6時すぎに層雲峡のコンビニで朝ご飯。
銀河の滝で優雅にトイレを済まし、7時に大雪ダムに到着。

ここに車を置いて7時10分いざスタート!!
しばらく行って地図を忘れた事に気づきUターン。
やっぱり昨日の睡眠不足でぼけてるわい。

気を取り直して7時20分再スタート。
まずは最初の峠、三国峠を目指す。


ここは、道内最高の峠だが、スタート地点の大雪ダムが標高800m越えてるので、実質そんなに登らない。眠いし、寒いし、道単調、車ほとんど来ないので、頭ボーッとしたまま走る。

しばらくすると体が温まってきたのでウインドブレーカー脱いで、半袖、半パンで走る。
途中、鹿発見。昨日の様には飛び出てこない。

平均勾配は4〜6%くらいだが、距離は結構あって、20km位で三国峠に到着
(標高1139m)。 とってもいい景色。

ここに峠茶屋があるという情報を得ていたのだが、僕が行った時には閉まっていて、水も食糧も補給出来ず。しかたなく次の目的地、ぬかびら温泉郷をめざす。

         

ずっと下りかと思っていたが、そうではなく途中からは平坦+小刻みなアップダウン。これに向かい風が加わり、思ったようにペースがあがらない。

この道と並走して旧士幌線のアーチ橋なんかが残っていて、ところどころ案内看板があるが、それ以外には何もなく、車さえもめったに通らず、心細くなる。

        

10時半ごろぬかびら温泉郷に到着!!やっと店と自販機発見。
とりあえず水を補給して、コーヒータイム。これで眠気スッキリ。

ドラヤキ1個食って、芽登(めとう)に向けスタート。
ここまでは、いい天気だったんだが・・・

ここからしばらく東に向かって進むのだが、何個かトンネルをくぐっていくうちに、だんだん雲行きが怪しくなってきた。

     

国道273号線を清水谷というところまで進むが(約15kmほぼ平坦)、ここらで霧雨状態。ここから芽登に向けて県道走るがここも峠道。4kmほど登って、芽登川沿いに進むと、県道88号にぶつかる。

地図では芽登パーキングエリアがあると書いてあったので、店があると思っていたが、大外れ。トイレしかない。自販機もなし。

ここから置戸(おけと)までは60kmしかも半分以上が上り!!しかも民家もGSも自販機も何もない。
ここまで84kmほど走ってきて、食糧はあとドラヤキ1個、水がボトル3分の2ほどあるだけ。天
気は相変わらずの霧雨状態。やばいな〜・・・


悩んでも仕方ないので、覚悟を決めて置戸に向けてペダルを回す。もう景色を見てもなんの感動もない。感情を押し殺して、ただ義務的に前に進むのみ。

同じ景色がいつまでも続き、車もめったに通らない。自分だけが僻地に取り残された感じだ。
しかし、天は僕に味方してくれていて、追い風+曇り空のため水はあまり減らなくてすんだ。
でも食糧は途中すべて食いつくしてしまった。

北上するにしたがって、天気は回復、温度上昇、勾配もきつくなってきて、水分をとる量が増えてくる。ボトルにはもう5分の1程度の水しか残っていない。
芽登からは省エネ走法で来たが、エネルギーも切れてきて、だんだん力が出なくなる。早く補給しないとこのままでは、坂登る力がなくなってしまう。

どうにか、35kmほど登り続けてようやく峠の頂上。このまま置戸まで下り坂か、とおもいきや。。。
12kmほど下って国道39号に出る道はまたもや峠越え。
もうこの辺の記憶はあいまいだが、7kmほど登ったと思う。

車も全く通らず、陽射しはきつく、峠の頂上には鹿の白骨化した死骸がころがっていた。あまり人通んないんだろうね。

下りを下りきると、国道39号。 国道に出て左右見渡すが、家も自販機も見えず。次の目的地の石北峠は左折だが、約30km先。

しかも登り。そこには峠茶屋があるらしいのだが、補給なしではそこまでは間違いなく、もたない。
右折すれが平坦路10km先に公園があってお店もあるのだが・・・


確実な方をとって目的と反対の右折を選択。
10km先の公園を目指すが。。。。 本能的にやっぱりやめた。

これ以上距離走ると、日が暮れてしまう。
Uターンして目的地石北峠に向かう。
だめなら、走っている車でも捕まえて、食糧を恵んでもらおう。

ここから石北峠は約27km。最初の10kmくらいは多少のアップダウンだが、残り17kmくらいはマジな登り。しかも向かい風。泣きたい気分。

途中、豆腐屋を発見。自販機もある。ここでコーラ500ml飲み、水をボトルに補給。

中に入って、売っている豆腐一丁その場で食べさせてもらう。冷たくてうまい。生き返った。
今日走ったコースをオバちゃんに話すと、びっくりしてた。ここは盆地で暑いし、坂もきついので、自転車で走る者は見ないそうだ。

そう言われてみると、今日まで1度も自転車で走ってる人に遭遇してない。

元気になったつもりでしばらくは、快調に走っていたが、登りはじまったくらいから、足が回らなくなる。

1km、1kmどうにかこうにか登っていくが、登りきる力が切れたので、途中1回休みをいれ、登ること約2時間。暑いので汗だく。

上から下を見ると、のぼってきた道がはるか向こうにポツンと見える。もう体は完全に力出し尽くして、出がらし状態。燃え尽きた〜。

そしてついに、最後の難関石北峠攻略!!

峠茶屋で焼きとうもろこし食べて、下り基調の14kmをチンタラ走りきって本日、無事終了。顔中塩だらけだ。
走ること187km、10時間。 層雲峡で温泉入り、有名な登山軒でチャーシューメンと餃子を食べて、元気回復。

宿泊地の旭川まで車で。ホテルはエアコンも冷えて快適。足をアイシングしてストレッチとセルフマッサージを施す。
明日の為に。 10時半就寝。爆睡。明日は4時半起床で最終ステージ旭岳だ。(30km。内登り10km)

足残ってますように。
           


3日目 忠別湖〜旭岳往復 30km

今日でいよいよ北海道ともお別れ。4時半に起き、5時すぎチェックアウト。
旭川から忠別湖まで車で移動。準備して7時半スタート。
今日は2時には新千歳空港出発ゲート前に到着しないといけないので、10時くらいには旭川出発しないと。
初めの5kmは平坦基調だが足が重い。昨日までの疲れが残っているなあ。。。。

       

無理せずゆっくり走る。頂上まではあと10km登り。登りでたちこぎすると、膝が痛いのでシッティングで登る。頂上までもってくれるよう祈る。 天気もいいのでいい気持ち。

景色も最高、道もきれいで広い。でも膝に時々電気がはしる。登り勾配は5〜6%くらいできつくないので、走っているうちに体も温まり調子が出てくる。

       

ラスト1〜2kmくらいは結構勾配のきついところもあったが、8時半ごろ無事ゴールの旭岳!! 標高は1000m越えてるので、雪は結構残っている。ここは何件かホテルもあり、旭岳へ登れるロープウェイもある。まだ走りたい気分。

        

時間があるので、近くを散策。でもロープウェイになったら間に合わないので断念。
下って、車まで戻り30分で自転車を輪行カバンに収め、近くの天人峡温泉に汗を流しに行くが。。。 温泉は11時からで残念ながら入れなかった。

ここから車で空港まで約200km。ぶっ飛ばす。 結局3日間で自転車約260km、車約750km。 1時にレンタカー帰して、1時40分搭乗手続き、昼飯食ってたら2時に遅刻してしまうが、無事帰ってこれました。 めでたし、めでたし。

BY コバヤシ

                

[ もどる ]