八幡浜山鳥カップ

2010年6月13日

レポート by あんすけ


マウンテン班といえば八幡浜(?!)
年に1度は八幡浜のコースを走らなければ気がすまない!のかどうかはわかりませんが...

山鳥カップ行ってきました、耐久レースにエントリーです
前もって言っておきますと私はマウンテン苦手です、シングルは超苦手です

今回の参加者は、特攻隊長 K斐さん G王子 T辺さん と私で5人、会長はお仕事で無念のDNS

当日は往きに会場近くで嵐のような土砂降りになり、こりゃもう中止だよね〜とか言いながら お気楽モードで会場に着くとピタリと雨がやんだ、どうしよう、、、走るしかないですね

とりあえず試走するも雨上がりのせいか上りも下りも押しても滑る滑る、恐怖で体がカッチンコッチン
特攻隊長とK斐さんはしきりに、ええコースじゃぁと言ってますが良い=怖いってこと?
試走が終わると恐怖で我を忘れ、T辺さんを巻き込んでDNSしようとする始末、このヘタレっぷりは情けない

T辺さんは私のヘタレな誘惑に負けずスタート、我がチームはT辺さん、G王子、私の3人
最初の恐怖もアドレナリンが出るせいか、路面が乾いてきたせいか徐々に薄れてきます、
が、、慣れてきた頃が危険で、2度ほど吹っ飛びそうになりまたカッチンコッチン
何か根本的に乗り方間違ってるのかな〜

そうこうしてるうちに無事に走り終えました、順位は、、、下から何番目?
しかし、ロードの何倍も疲れた分、走り終えた満足感は大きかったですね
え〜 レース中の描写がほとんどない、もう1組の特攻隊長、K斐さんペアの様子が全く分からないのは
私がイッパイイッパイで記憶が抜け落ちたからに他なりません、許してください

山鳥カップのすごいところは、レースだけではありませんでした まず、GIANTのマウンテン各種に試乗できること、なかなかここみたいなコースを使った試乗の機会は無いですからね

中でもXTCだったかな?リジッドの超軽量バイクには驚かされました、もしかして私のロードより軽いんじゃないの?
そしてもっと驚いたのは抽選会、ボトルやグローブやらの入ったサコッシュがほぼ全員に当たるのですが GIANTのピストバイクが5台、ロックショックスのFサスといった豪華景品も、、

すげ〜 ピスト当たったらどうやって持って帰ろうか、とか考えてましたが杞憂でした、、、ハイ
でもボトルGET、こんなバブリーな大会は初めてです

帰りに近くの温泉でサッパリして直帰、ではなく今治の焼鳥山鳥へ、
しこたま食って飲んで帰りました (もちろんドライバーは飲んでませんよ)

おかげで昼も夜も楽しませてもらいました、ありがとうございます

BY あんすけ


[ もどる ]