石見グランフォンド2010

2010年5月9日

レポート by 杏奈パパ山中松本


2日間開催で始まった石見ライドから1日開催の石見グランフォンドに変わったものの
毎年恒例イベントとしてすっかり定着し、今年もたくさんのメンバーが参加しました。

まずは観光です。今年も懲りずに行ってきました石見グランファンド,2daysから1daysに変更になってから200km完走が果たせていないので200km走破を心に誓い今年は1人車で乗り込みました。いえほんとは道中「くれ竹」の蕎麦が食べたかっただけなんですけどね。

しかーし、車の中ではパリ〜ルーベ,ツールのモンバンツゥステージDVDとイメージトレーニングばっちり 1日目,いつものホテルに荷物を置きメンバーと石見銀山の観光,

ここで早くもニャームくんグループ行動を共にしメイン集団とはぐれる。一度合流するも今度はsogaさんと2人メイン集団からはぐれる・・・明日の暗示かな・・と不安を覚えつつ何時もの夜の宴会へ突入・・

本番の前の本番です。ここで体調不良のジャイ子さんが早くもDNS宣言,おおっ顔色悪いし辛そう無理をなさらぬ様・・でもビールは最後の力を振り絞って飲んではりました。
明日はゴールした人から解散と言う事で皆、いや〜石見よく頑張ったお疲れさんと走ったかの様に打ち上げ・・・明日は累積標高3000m以上大丈夫かこんなんで杏奈パパ

大会当日 スタート地点が久手海水浴場にかわり参加者も600人近くいるので大混乱,昨日DNS宣言のジャイ子さんも声変わりしてますが参加です。大丈夫っすか???

「200km走るつもりの人は前に集まってください」のアナウンス。

一応前へ並ぼうっと。走るつもり(気持ちは有るので前に)そして7:15スタート
最初のエイドステーション迄は平坦なのでhentaさん,sogaさん,yamaguchiさん,あんすけさん,ニャームさん,M木さんとトレインをくみ走る。

何を思ったかここでローテをhentaさんが指示あんすけさん,hentaさん、杏奈パパで回す。あっ調子にのってもうた、案の定足がもうやばい。「Hentaさんが誰も加わらないので やめましょう」って言ってくれたたので終了・・・

もうすでに私の足は売り切れましたが 如何しましょう・・
まだ10km走ってませんが・・・

坂が始まる前のエイドステーションでDNSのはずのジャイ子さんと山中さんが合流 ここからが激坂の始まりです。

天気はいいんだけどねぇ。始まるすぐにあんすけさんが引き出します。 「さよなら皆さんおったしゃでぇ〜」当然杏奈パパはさくっと千切れます。 ちんたら登っているとちょっと遅れてエイドテーションを出たDFSのはずのジャイ子さんと山中さんが「かめチームにようこそ」と雄たけびながら登ってきました。 「頑張りますよ付いていきます」

ジャイ子さんはメイン集団追走本当にかぜなの?山中さんの「かめチームようこそ」の声を背に2人で一緒に最難関の坂を何とか上りきる。 後ろで「きつかったすね」の声あれ??声が違う???人も違うやん・・山中しゃんは???

しばらく待つが坂がきつすぎて山中さんが先だったか後だったかもうろ覚えなのに気付く
しかたないので一人で坂をおりた所のエイドスレーションでメイン集団と合流、やっぱ山中さんがいません。

平地はいいんだけど、上りは(泣)エイドステーションでメイン集団と昼飯まだ10時なので昼飯って言われても食えませんがな量が多いし・・油もんばっかりだし

休憩後メイン集団の最後尾につけて引いてもらい何とか平地をこなすが当然坂になると じわじわ離されます。

ここで本日DNSのはずのジャイ子さんではなく調子が今一でない らしいニャームさんが落ちてきたので付いていく。すると坂の途中でsogaさんパンクらしくメイン集団に追いつく。紳士ですからリスタートしたらすぐ置いて行かれるけど待ちますよ杏奈パパは

程なくしてリスタート案の定すぐ置いていかれるが前にちぎれ掛けてるニャームさんのちょっとみえる背中を確認、なんとかダンシングで喰らい付く、山の頂上で追いつくと良く似たユニホームの違う人でした。

もうすぐゴールです。頑張ってまた1人旅をしていると紳士のスポーツ自転車いい事があります。Sogaさんのタイヤ確認の為止まっていた。Sogaさんとyamaguchiさんがリスタートする直前に追い付きました。ここぞとばかり1度も前に行かず2人にずーと引っ張ってもらうそれでも千切れそう。

やっと三瓶山前の180km,200km分岐エイドステーションでまたメイン集団に追いつき合流、ここでN田くんとO久保さんとも会う・・○久保さんにアイスを分けてもらい元気がちょっと復活!

ちと考え作戦を変えました。休憩を早めに切り上げ1人逃げます。 三瓶山をゆっくり早めにのぼります。

三瓶のぼったぞ〜!後ろを振り返ってもメイン集団は来ません作戦勝ちだね・・と思ってたら三瓶の温泉街で下から来ましたメイン集団。うら〜逃げろ〜 最後の抵抗もむなしく息も乱さないメイン集団に追い抜かれました。

三瓶の頂上最後のエイドステーションで200km組メイン集団8名で記念撮影。 後は下るだけなのでなんとか17時過ぎに久手海水浴場にゴール出来ました。

メンバー全員はいませんでしたが前日流れ解散と言う事だったので ゴール後は余った弁当3個とかまぼこ3個,記念品のステッカー200kmとキタロウのキーホルダーを手に21時過ぎには自宅へ無事帰還しました。

参加者の皆様お疲れ様でした。また来年もご一緒しましょうね。
2日間の総走行距離:260km

最後に今年の勝因:1.夏服で走った事 2.ホイールを借りれた事3.メンバーに引いて貰った事

BY 杏奈パパ




こういった諸事情で(照)2010石見グランフォンドに参加

昨年は腹痛の為50km地点でのリタイヤ
今回はリベンジ!と思い早くから準備を考えていたのですが、、、

諸事情により、全く練習できず。 まとめて乗れたのが直前のGWのみ、
今年の目標は無理せず140km完走! 、
前日の恒例の飲み会でも140といってまわり、当日を迎える。

当日
200km組を見送りゆっくりとスタート、前日に体調を崩し行けるところまでと飲み会で言っていた小笹さんを信じ(?)後ろを付いて行くことに、

140キロですよねぇ?ある程度結果は予測出来ましたけどね。 『無理をしない』と市街地を抜け、緩やかな坂を軽快に飛ばす小笹さん!徐々に体が軽くなったのか、7〜8割の力でと言いながら快速小笹号は次々と乗客を振り落として、30km地点の第1チェックポイントに、

ここで先にスタートした200km組と入れ違いになり、この頃から快速小笹号の目的地が140から200を意識するように! スタートから50km地点の第二チェックポイントで先発組に追いつきました(笑) 小笹さん完璧にターゲットが200km(笑)

石見の本番はこっから 先ず最初で最大のの山岳コース登り初めて直ぐに1人旅になりました(泣) ひたすらインナーローでクルクル。 無理をしないを合い言葉にひたすら耐えました。 ただ下りになると、最高に気持ち良かったです。

山の上にガードレールが。。。下りきると80km地点の第4チェックポイント、ここで昼食、お弁当もらい、長めに休憩、先に着いたらメンバーに合流。 ここで、140kmにするか悩むものの、時間に余裕があったため、200km180kmコースを選択、直ぐに後悔。

最初の登りで直ぐに一人に、すでに足は売り切れ、ひたすら下りになることを祈りながら一人旅、アップダウンは続くものの、最初の山岳をこえる登りはなく、登りはひたすら耐え、下りで回復の繰り返し、チェックポイントを重ね、何とか120km地点の180km200kmの最後の分岐点まで到着。

200kmだと三瓶山越え、残りの体力を考え180kmを選択、 後は大きな登りもなく 結局ゴールしたのは16時過ぎ。

昨年の50kmでリタイヤから考えると180km完走!は満足の結果です。
石見に参加された皆さんお疲れ様でした。 来年こそは200kmに挑戦出来るよう準備します!  

BY 山中




優しく迎えてくれた、太田の海です。大田の街は既に日が落ち始めて薄暗くなってきた。 前にも選手は見えず、後方には最後尾と書かれた紙を張った車が我々夫婦の後ろを 走っている。そう、二人が最後の参加者である。

140qを走り終えた後はゆっくり温泉でも入り、とっくに帰路に向っている時間 だったはず。なぜか、まだ二人で走っている・・・ ケンズに入会するキッカケになった石見ライド、これで4度目の参加となる。

夫婦で参加した2度目は、大寒波で遭難寸前のひどい状態で完走。 昨年は、暑い中を180キロ完走した。 今年は、自分はギックリ腰、妻は、膝を故障しているので140qをめざして走る。走ることより、前日の飲み会(完走会?)をメインに参加したつもりだった。

さあ、スタートです。いよいよスタート、小笹隊の精鋭たちは、あっという間に視界の彼方に行ってしまった。 街を抜けて、銀山方面を上り始める。ゆっくり走っているが街中は一列の追い越し禁止なので自然とペースオーバーとなっている。

山をいくつか上るとぺースダウンしてくる選手がちらほら出てきた。誘導するスタッフが「こんな坂序の口ですよ!」と笑いながら応援してくれる。そう、今回は平地が殆どないコース。いつものサイクリングペースより すこし落として妻の前を引く。

CP NA.1 29q(高山そば道場)を無事通過 CP NA.2 50q(桜江B&G)も通過する。この先ショートカットの分岐地点(任意選択)の標識が見えてくる。
直進すれば、天国(ショート)左折すれば、地獄(ロング山岳)に入る。

石見らしい山道です(泣)左折の合図を出すが、妻は何も言わない。それを確認して左折する。 左折した途端に、後ろで「あ〜また来てしまった・・・」と妻が呟く。 いよいよ、山岳に入る。

石見高原林道はロング最大の難所である。これを克服しなければならないがこれがすごい坂である。 最初の坂がやって来る。なんとか上ると下りがやってくる。 下った先で左折、ここで昨年走った坂を思い出した。とにかく長い坂、誘導するスタッフ楽しそう・・・

坂が延々を続き、妻からおしゃべりが無くなり吐く息だけが聞こえてくる。 もう少し、もう少しと上るが頂上が見えない、確か600mほどの高度だったと思い、 腕の高度計を確認すると、430mになっている。まだまだであるがそれを妻には伝えない。
シッティングとダンシングしているが時速5kmになる時がある。

ヒザをかばいながら黙々と上ります。途中、一緒になった男性が、「死にそう!」「頭の血管が3本切れた!」と言いながら上って いるのを見て笑った。 560mまであがり頂上に思えたが最後の坂があった。 やはり、高度計は正しかった。

そこから、細い山道を下りCP NO.04(昼食ポイント)邑南役場に到着。 ここで、中田さんに会う「今年は弁当が食べれる!」と嬉しそう。 そう、彼はいつも災難が降り掛かりリタイアする悲劇の王子なのだ。 今年は、天候に恵まれて道に迷うことなく弁当に有りつけたのである。 背中を打撲して体調不良ということを除けば・・・

弁当を食べて少しすると出発する。ここで、再び選択をすることになる。 ショートコースとロングコースの最後の選択をする地点。 石見高原林道で疲れさせてロングコースへ行くことを諦めさせようとする主催者の 意図が分かる。

しばしの休息。負けず嫌いなのかロングコースを選び、再び長い長い坂を上る。縄文村までのこの坂は、先が見えるので精神的にキツイのである。 バックミラーで妻を確認するが、すぐに距離が開く。この地点でかなり弱っている。 昨年も同じだったと思う。

あまりにも長い坂なので希望を持たせることが出来ず、無言で併走する。 ただ、ペダルを回すしか方法が無い。

しばらくして、縄文村という店に着き補水するが店内の庭から湧き水が噴出していて それを飲ませていただけるという。店内を通過し中庭に入るとそこから見える景色は 絶景であった。

休憩する時間がないため直ぐに出発することにする。 とにかくここからは制限時間との戦いになる。

写真の時だけは元気です。そこからは、上って下っての繰りかえり、最後の坂(赤名峠越え)手前のCP NA.7に 着いた時は、制限時間ギリギリの15:30で5名ほど参加者がいたがリタイアする。 時間オーバーになることは、この地点で100%決定した。
我々は時間オーバーで完走できなくて大会が終わっても自走でゴールしようと決めた。 スタッフに止められるかと思ったが気持ちよく送り出してくれた。

再び坂が始まった。長くて長くて、永遠に長く感じた。 妻のペースで合わせると重量級の自分にはもろ体重がかかる。 少し、速度を上げるとミラーに写る妻が小さくなり距離が開く。

時折、妻がふらつくが脚が吊る寸前で上っている。横から併走して腰を押し上げる。

上れども上れども。。。自分の自転車が軋む。「腰は大丈夫?」っと、聞かれるが、こんな時は頑張れるものだ。 そんなことの繰り返しをする中、ミラーに黒い車がずっとついてくる。 振り返ると「最後尾」と貼り付けられた車両だった。

ここで中止を告げらると、思ったが何もなくずっと付いてくるだけ、 途中から、追い越されるがスタッフが車から降りてきて「頑張って!」と応援してくれた。 「まだ、走っていいの?」っと思ったが、聞くのはやめた。

後方、関係車両が増えていた。 我々が走った後の大会用の標識を取り外しているのだ。 申し訳ない・・・ しかし、まだ中止を告げられない。 何とか、山頂に上りそこから一気に下る。60q近く飛ばす妻に慌てて前を押さえるが その横を抜こうとしている。かなり疲れからラリっている。

すぐに離れちゃいます(泣)CP NO.8(粕淵Aコープ前)に到着する。 ここで、スタッフから時間制限が過ぎたことを告げられる。
いよいよ、強制収容か・・・っと思ったが 「はい、ケンズのお2人さんが最後です。お疲れでした。これからどうされますか?」 走って帰りたい旨を訴えると 「ゼッケンを外してください。」と言われて携帯でどこかに電話し始める。

「2人がゴール目指すから、待ってあげていてください。完走認めてあげてください」と ゴール地点に連絡をしてくれたのだ。 それを聞いて、妻の顔が一瞬緩んだ。 エイドのゼリーを頂き、最後のゴールを目指す。

大会は終了して2人で帰るのだが、関係車両が後方でサポートしてくれる。

感謝してもしきれません。ありがとうございました。乗用車3台とトラック1台が付いてくれるがさすがに街中では走れず居なくなった。 そこからが、脚が吊る連続で何度も自転車から降りてはストレッチをする。 自分は、腰痛で自転車から降りれずただ見ているだけ。

いよいよ日が暮れて補助ライトで 街中を走る。 やっと海岸が見えてきた、左折すればゴール地点がある。 ゴール地点が見えてくるが灯りは無い。完走を確認するスタッフが1人くらい残ってくれて いると思っていたのだが、ゴール地点には、大勢のスタッフの方が残ってくれていた。

受付、車両担当、バイク先導者、カメラマンなど20名近い関係者が拍手で迎えてくれたのだ。 最後のサインをすると「おめでとう」と言われて胸がいっぱいで声が出ない。
2人のために「そうめん」まで置いていてくれた。

その「そうめん」をスタッフの方の子供さんと思われる小さな女の子が持ってきてくれた。 格別の味であった。
こんなにも、遅くなり迷惑を掛けたのに暖かくしていただいた関係スタッフの方に お礼と感謝の気持ちでいっぱいだった。  

BY 松本


[ もどる ]