第12回クリテリウムin舞洲

2010年4月18日

レポート by ちはる


ケンズレディースで唯一実業団登録しているちはるちゃん。
みんなでちはるちゃんの応援/サポートをしていきましょう!
アッシーの監督さん。4/18(日)今年度初実業団レース舞洲クリテリュームに参戦してきた。
まず最初に道中、往復ずっと運転してくれた広島車連の山内さん。
本当にありがとう。。しんどかったでしょう。一人だったら、とても不安で山内さんが一緒に行ってくれて本当に心強かったです。感謝。

そしてナスファンクラブのみんな!本当にお世話になりました。
朝からナステントにお邪魔し、ゆったりとレースに備えさせてもらえたよ。そしてサポート体制も気にしてくれて感謝。

久々のクリテ。この舞洲は初めて。朝8時に現地には着いたけど監督会議参加のため試走できず。いきなり本番。だけど経験者からのアドバイスは本当に的確で試走できなかったという不安は全く感じなく挑むことが出来た。

名古屋支部長の片岡くん。痛そう。。。しかし印象第一コーナーから第二コーナーが結構鋭角で集団になると狭い。下手したら膨らんで壁激突なんてあるかも。。

ER、BR1を観戦していたらすごいスピードで入りブレーキ音と絡む音が聞こえてきて心臓が飛び出そうになる。。FRは14人のエントリー。。棒一列での入りになるだろう。。 よほどでなければ落車は大丈夫と思った。。

そして知り合いを応援していると片岡くん発見!調子よさそうだったが予選で落車。痛々しい姿。私の声に気付いてレース後やってきてくれた。ホイールだめになったとへこんでる。体が無事ならそれが一番!
12時すぎてナスメンバーたちのレース中。応援してあげたいのにもう緊張で心臓がおかしい。。私の出走は14時半なのに…どうしたもんか。。

若林くんの応援が嬉しい♪コースに背中を向けて気を紛らわそうとローラー回すけどだめ。。。今まで経験してた緊張どころじゃない。。

今回のレース、だいごに「今のちはるは大した練習もできてない。
メンバーみてもあっというまにスタートで置いて行かれるわ。おそらく3周回も走らせてもらえんじゃろう。。」言われていた。その言葉が頭をよぎる。。

だめかも。。ネガティブちはる発動全開。。。

そうしているとなんと若林君登場!!「ちはるさん!!!。」っと!!!びっくり!!本当に来てくれたんだ!そして「ジャージ着なきゃ。」っとケンズジャージを用意してくれてた。
この彼のやさしさに本当救われた。ありがとう。。若林君。。すごく力をもらったよ。全力でがんばるさ!!

スタートです。周りは猛者がゴロゴロと。いよいよスタート。
ナスのマリコさんの的確なアドバイスを思い出し、スタートラインへ並ぶ。

つい先週日本代表でアジア選手権を戦ってきた豊岡英子選手は一人風格が違った。もちろん、世界シクロ参戦した福本選手やJフェミニンリーダー選手…日本の代表選手たち。。。強豪揃い。私がここにいることが場違いに思えてくる。

いったいどれだけ引き回されるのか。最初からいきなり仕掛けが始まる。
おそらく最初からラップしようとでもいう感じ。。
きつい。でもこのコース全長880メートル。FRは25周回。
ラップされそうになったら強制的に下ろされる。(厳密には半周差がついたら下ろされていた)先頭から切れたらそこで終了。

インターバルがきつい。。間違いなく完走は不可能だ。必死になりすぎて向かい風の中私まばたきを忘れ、開始早々3周目で左目のコンタクトが飛んでいった。ひょえーーー!!!ピンチじゃん。。右目のコンタクトがなくなったらもう走れんがな。。目をぱちくり乾かさんように気をつけて走るが見えにくい。。つらい。。

でも5周回終わったころ少しペースが落ちる。いつペースが上がるかわからない。気を抜けない。周りの動きを慎重に見る。(実は冷静になればペースが必ず上がる周回はポイントがかかってる周回だったのにそれすら緊張のあまり忘れてた。。やっと最後にきづいた)

クリテってずっとコーナーごとにインターバルそのもの。しかし足の回転が止まるくらいペースが落ちる時もあり、その隙にボトルに手を伸ばす。。

ち、ちぎれそう。。。途中、中切れがおきそうになり、全力で前にでて追いかけた以外は、私はずっと後方でひたすら着いていっただけだった。すみません。。

前方ではアタックが繰り返されたり、引き続けたり、動きがすごい。。残念ながら悔しいけど今の私にはそういうレースが出来る力がない。
逆をいえば前に出にゃきゃ強くはなれない!着いてるだけじゃダメ!
しかし今回はそういうことは全く出来なかった。

そして気付けば最終周回の鐘の音。それすら信じられず、他の選手に「これで最終周回ですか?」っと聞いてしまった。ごめんなさい。気持ちよく「そうです!。」っと応えてくれた方ありがとう。。

集団ゴール!そしてそのままゴールへ。しかし後ろから前へ追い上げることはできず9位でフィニッシュ。終わったよ。。

こんなこといったら笑われるかもしれないけど、終わったときはただただ完走できたことがうれしくてうれしくて仕方なくて、心は安堵感に満たされていた。

でも帰ってきて「前引いてないのにゴールスプリントできないよ。」っと言った私に「何いってんの!それも勝負だから。」っとマリコさんの渇をいただく。。そりゃそうだ。。馬鹿だね。私レースしに来てるのに。

いっぱいいっぱいの反省とそして次への課題、もっと走れるぞという実感。たくさんの収穫を得ることができた。 クリテは面白いぞ!次もでたい!そのためには練習がんばらんとね!

ナスの友人達。応援ありがとう。それからBR1決勝のナスのエースをみんなで応援。熱いレースをみせてくれました!ありがとう!!!名残惜しいけどレース終了後すぐに私たちは広島へ帰った。本当にみなさんお世話になりました。これからもどうぞヨロシクお願いいたします!!

PS 一人で逃げを仕掛け続けたのは豊岡選手のみだったことも集団で私がゴールできたんだと思う。 彼女が面白いようにコントロールしていたと感じる。
次は一瞬でも前にでれたらいいな。(その後すぐに消えてしまうだろうけど…)
しかしアベ38.68とは…。実感的に瞬間スピードはすごかったと思うけど、コーナーでの減速とか考えるとこんなに出てるとは思わなかった。

ゴールもコンマ03秒内での集団ゴール。 でも一位の豊岡選手の背中はすごく遠かっなァ。。

BY ちはる


[ もどる ]