チーム・ケンズ夏合宿2008

2008年8月10日

レポート by ふ~イチカワ


暑い中集まった精鋭13名。
今年は少しM度が下がったとの話もある夏合宿ですが
それでも十分にきついコースに参加者全員ウハウハだったようです。

話がつきません♪夏合宿参加は多分3回目?
例年は土曜日自走組みだけど、今年は仕事の為ミドル藤原さんと車で移動。
無理言って仕事を早めに切り上げ3時にケンズ出発!
途中で集中豪雨に遭いながらもミドル藤原さんのハイパーな運転で無事三瓶へ到着。

別荘に着くとすぐに三瓶荘へ温泉に浸かりにでかけます。
最近慣れない現場作業が続いたので、太ももに虫刺されの様に腫れたアセモの療養と体のリフレッシュに効果抜群。

別荘に戻ると恒例のバーベキューや自転車談義に花を咲かせて夜は更けて・・・。すみません更ける前に寝てました(笑)

朝は涼しいです。そして目が覚めると、みなさんすでに朝食を済ませていました(゜o゜)オー 
最近朝が弱いです。

参加人数は日曜朝組みを含めて14名。今年のコースは控えめで113キロ。

前半のアップダウンは先頭集団に付いて行って、後半の平地と最後の登りに体力が残っているかが勝負所かな。(何の?)一応鈴鹿ロード対策って事で・・。

最初の下りが終わり上り返しで渋谷さんのペースが落ちない。そんなペースの中 気がつけばハルオくんが逃げていました(凄) 
その後ピークの度に渋谷さんのアタックが続き、いきなり四川TTレベルの強度になっています。
常に先頭で展開。 最後切れちゃったよ。 ハルオくんを従えて、グイグイ上ります。

3秒前には先頭が。縮まらない・・・次の峠ではゆるい勾配のヘアピンで晴男くんがアタック!これについて行ったのが渋谷、山口さんと僕。後半スピードを維持できずにちぎれちゃいました。

そして第三の峠。勾配がきつく長いイメージがあったので、控えめに走っているが、晴男、渋谷、ニァームくん達の姿が消えない。
とりあえず頑張って走るがなかなか追いつかず。結局頂上通過時点で3秒差ほどだった。

下りに入るとスローパンクに気づきホイールサポートを受ける(*^^)v カーボンエアロホイールで良く走り、ブレーキもムッチャ効きます!!

同時にパンク。尖った石のばかやろう。後半の平地区間に入るところでニァームくんとともに石を弾いてパンク<(_ _)> 
全員停止状態でパンク修理開始ですが、日陰地帯で助かりました。

気を取り直して平地区間。ちぎれると一人旅になりかねない恐怖の区間でもあるが全員最後の登り区間まで辿り着きました(^_^)v 良かったよかった。

最後の休憩所のお店でアクエリアス2?を頂きました「ありがと~」 元気モリモリと行きたい所ですが足が売り切れてました(+_+) 

文字通り地獄坂とかした三瓶に向かう坂道をジリジリ登り。温泉街の激坂手前で山中くんと合流後、気合で西の原のゴールへ辿り着きました。

完全に力を使い果たしてのゴールは気持ち良いです。休憩のたびにサポートして頂いたイチカワさん本当にありがとうございました。スイカ美味かったッス!!

BY ふ~

もう売り切れです(苦笑) まだまだ上ってます(ハァ) スイカ最高です♪



お肉も食べますよ♪前日
今回も自走にて行くメンバーがいるんだよな~。

朝7時過ぎに我が家に荷物預けに来たハルオくん。顔は既に珠のような汗。大丈夫かな今日は?すでに暑いぞ。

自分は班長、若林くん、山中くんと9時に府中発。もちろん車である。三次手前で自走組に追い越し、市内で買出し。ニァームくんも合流。

13時頃に三瓶到着し、昼食。食べ終わった頃には自走組到着。速いな~。何回走っても自走はきつそう。水のシャワー浴びて、ビール飲んで爆酔。お疲れさまである。

自走組は爆睡!車組は草刈したり、のんびりしたり。
例年だと周回コース走るのだが、夕立が降り、道がびちゃびちゃ。笑みをうかべながら『残念だな~』 嬉しそうである。

雨のおかげか気温は25℃。涼しくて快適である。いいな~山は。夕方さんべ荘にて汗を流し、夜は宴会である。

炭のいこる前にそうめんが茹で上がり、みんな食べる食べる。そうめん、とうふでお腹が太るくらい。平均年齢が上がったもんだから、肉よりさっぱりした方が良いみたい。って言っても肉焼けたら、食べたけどね。
夜は以外に真面目に22時には就寝。翌日のキツいコースを控えて、睡眠に入ったのであった。ブンブン飛ぶカナブンの羽音を子守歌に・・・

気持ちよ良い朝。いまのところは・・・当日
昨年ゆっくり出てあまりに暑かったので、今年は早く出発。5時過ぎにはゴソゴソ起き出して、早速朝食。卵ごはんやサンドイッチを食べて7時には西の原に集合。当日組も揃ってコース説明である。

定刻を30分ほど遅れて、7:30に出発である。高原の朝は気持ちよい。笑顔で出発する13名。この後、あんなにきついとは知らずに。

広域農道まではゆっくり下り、さあ最初の上りである。ここから川本までは殆どアップダウン。最初はゆっくり上ると思いきや、渋谷さんが早くもダンシングで、ペースアップ。

例年なら簡単にバラけるのだが、あまりバラけず、そのまま進んでる。
最初からアタックかかります。 まだまだ行けるぞ! 最初からこんなペース?!

後をグイグイ引き離します、ハルオくん。先頭から抜け出したのは予想通りハルオくん。単独で引き離しにかかる。
メイングループも結構速く、これに驚いたのが班長。1人切れて厳しそう。
『今年は早いわ~』って。途中で無事追い着いたけどね。

川本の手前の休憩ポイントにはハルオくん単独で到着。後ろも続々と到着。しかし、今年は先頭を最後尾の差があまりない。みんな調子良さそうである。

川本まで下り、八色石トンネルまではダラダラ上り。石見ライドでもおなじみのコースである。ここは木陰で涼しいが、そこそこ踏めるので、ハイペース。よって、結局は暑い(笑)。
直射日光よりははるかに良いけどね。

山岳控えて、牽制ぎみで走ります。 車も来ない、のどかな道である。 さあ、そろそろ山岳に突入である。
先頭から離されちゃいました、セカンドグループ。 遅れてしまった、サードグループ。 どんどん山を上ります。

これで休憩だ~。あとは瑞穂まで下るだけだったのだが、ちょっと回り道を選んでおいた。
あまり楽しちゃだめだからね、合宿は。県道7号線に入り国道261へ。

国道はあまり上ってないと思ってチョイスしたのだが、現場に行くと登坂車線まである上り。こりゃ悪い事したな~。まあ自分が走る訳じゃないんで、いいけど。

案の定先頭以外は厳しそう。頑張って強くなってくれ(←他人事です)。

そろそろ常連になったポプラで中休憩。アイス食べたり、補給したり。相変わらず、営業妨害しまくりである。ここで前半戦が終了。


ちょっとセーブ、渋谷さん。 逃げ切れなかった、藤原さん。 イーブンペースで上る、甲斐くん。 『エネルギー切れだ!』ってオカムラ班長。 ヤンキーより近寄り難い?

流石に先頭は山岳得意な3人です。後半は平地があるのだが、そこまではしっかり上りが控えてます。甘くないよ、合宿は。
広域農道に入り、最初から8%。その後は10%。

一番きついところでカメラ構えていたが、以外に平気で上ってくる。それも良いペースで。くそ~、来年はもっときついの用意してやる。
そうなったら、私はもちろんサポートだが・・・ 

ハイペースで下る先頭に追い着くと、ふ~さんが、やたらオーバーアクションで手を振ってる。こんなとこで写真撮れんぞ!いや違った。サポート呼んでるんだった。
どうやら前輪のスローパンク。予備ホイール用意していたので、すぐに換えて送り出す。1分ほどで復帰。役に立ったよ、ホイールが。

着いて行けないな~ 『ここ上るの?』 そろそろ怒られそうかな?上りばかりで。

バナナがうまいっ♪取りあえず、機嫌直ったようである。うづい駅に向かって左折し、急坂クリア。駅で最後の休憩である。
あとは平地+三瓶へのヒルクライムなので、フリー走行してもらう。道も迷わないし。十分水分補給して、さあ出発。

みんなを送り出して、少し遅れて出発。川沿いの細い道で追い着いたら、みんな止まってる。もしかして、誰か落車か?聞くと落石踏んでパンクだった。

あ~良かった。怪我じゃかなったよ。しかし、ここで同じ石2人踏んで同時にパンク。ニァームくんとふ~さんである。

ふ~さん2度目!2人がパンク修理している間に、サポートホイールもついでに修理。

付き切れしそうな西村くん。
思わぬ休憩も終了し、再出発。道も広くなり、陰も無くなり、ハイペースで進む。
追い風なので40オーバーで進んでいく。西村くんキツソウである。頑張って~!

このハイペースで困るのは西村くんだけで無く、写真撮影も。

そこそこ飛ばして前に行ってもすぐ来てしまうのでアングル考える暇が無い。おまけに追い着くまで飛ばして追い抜いて。ケーサツいたら、免停だよ(汗)。

しかし、もう少し走り方勉強しないと、集団が広がって危ないな~。車が少ないので良いが、これじゃあね。今後の課題にしておこう。

休憩効いたか、ハイペース。 どんどん交代しながら、ペースを保ちます。 ちょっと集団広がってるぞ!(怒)

冷蔵庫に入る甲斐くん。すずしいよ~ヒルクライムに向かう集団をパスして、私は粕淵の町へ。

前日八百屋で予約していたスイカを買いにね。冷蔵庫で冷やしてあるので、これがうまいんだ。大玉と小玉買ってさあ三瓶だ。

って上ろうとすると、メイン集団は休憩中。
おいしそうな完熟トマトがあったので、これもゲット。
あまりの暑さに冷蔵庫で涼む甲斐くん。どう見ても新鮮そうじゃ無い・・・

現実にもどり、ラストのヒルクライム。まずは先頭まで追い着く。けっこう離れているぞ。

先頭はハルオくん。一言『あつい・・・』 殆ど無風で日陰無し。そりゃ暑いわな。

『背中が熱い』ってハルオくん。渋谷さん、ちゅんさんと続き、ミドル藤原さんも。途中では少しセーブして、ラストにかけていた。先頭とは少し離されたが、早いぞこれは。

休憩組も続々と上ってくるが、最後尾の山中くんが、かなり厳しそう。声も出ないくらい。あとは気力だけだろう。

ゴールの西の原まで行き、すでにゴールしているみんなにスイカを切り、後続まで様子見に。ふ~さんと山中くんも三瓶温泉へたどり着いたので、大丈夫だろう。

再びゴールにもどり、スイカ食べ、到着を待つ。少しすると全員ゴールである。お疲れ様である。

良いペースで上る渋谷さんとちゅんさん。怪我も無く、熱中症も起きず、無事終了出来、皆さんに感謝であります。コース難度は十分満足されたと思われます。 今年のコースはこちら
今年は早めに出て、早く帰る予定であったが、結局昼を大きく過ぎてしまった。道が迷いやすいので、休憩ポイントが多く、余計に時間かかったようだ。

予定のコースが工事中だったので、ルートを迂回したのも原因なのだが。おまけに登坂車線まで上らせたし・・・ 

このあたりは来年以降の課題である。来年もいろいろコースとれるので、2種類ぐらい計画しておこう。きついコースと、やさしいコースと。私が参加する場合はもちろん、やさしいコースである。来年も奮って参加下さいね。

BY イチカワ

マイペースで上る、ヤマグチさん。 結構速いぞ、ミドル藤原さん。 二日酔いも抜けたか?ニャームくん。
祝、初完走。オカムラ班長。 上りはまずまず、西村くん。 密かにきつかったらしい、若林くん。
カメラの前では元気な、杉田さん。 初参加で、見事完走、甲斐くん。 もう笑うしかありません、ふ~さん。
止まりそう。後は気力だけ、山中くん。 ゴールすると、スイカが待ってます。 みんな揃って完走です。(クリックすると、大きくなります)

[ もどる ]