ツールド大山

2008年5月18日

レポート by ヤマグチ


毎年開催されているツールド大山
大雨であまりコンディションが良くないことが多いですが
今年は快晴で最高のセンチュリー日和になったようです。

犬の散歩です。広いので犬も大喜び♪楽しみにしていた、ツールド大山。朝、5時半起床し準備にかかる。
カーテンを開けると、予報通り天気は上出来で一安心。
6時出発で、道中コンビニ、SAに2度立ち寄り8時40分スタート地点の大山寺ホワイトパレスへ到着。

早速、受付に向かうが黄色のジャージが見当たらないので、連れてった犬を少し離れた芝の斜面で遊ばせて暇つぶし。蒼い空、緑の大地、大山は学生時代のスキー以来でしかも暖かい時期は初体験だったので一層気持ちがいい。

芝生と戯れてるうち、スタート30分前になったので15分ほどアップ。この頃には気温も?でかなり汗をかいたのでいいウォーミングアップができた。

さあ、スタートです。ヤマグチさん。ボトルをセットしスタート場所へ行くと既に殆どの選手が集まっててそのなかにケンズジャージ発見。スタートラインの真横で大山寺の主のように佇んでおられました。

いよいよスタート。1組20人ずつ、1分毎に出走していく。僕は12組目、その次の最終組に主さんが入った。

最初の下り1kmを先導の選手に付いて行き、そこからが事実上のレース開始。 1~3のCP毎にペースアップ出来ればと思っていたので暫く様子見で走ってると長い直線の下りに入り、踏まなくても60km/h超え。
しかも路面が微妙に波打ってたのでかなりびびったけどスピードメーターのマグネットが飛んだだけでなんとかクリアー。

山岳スペシャリスト、ニァームくん。そこから5kmほどの所で後ろに気配を感じ振り向くと、栗原さんでして、聞くと少し前に僕がパスしたらしいが後姿で気付かなかった。黄色、黄色!

程なくして、ニァームさんが追い付き少し並走したがすぐに離れていき、付こうかとも思ったが前半にしてはペースが速すぎ自重(と言うより勇気が無い)して走ってるうちに第一CPに到着。

バナナ食べてボトル補給しスタート。前後全く選手がおらず戸惑ったが脚は快調だったので、順調に地蔵峠を越え下りに入る。

暫く下っても未だ選手が見当たらないので少々不安になり、止まって地図を確認するが現在地がよくわからない。

鬼太郎と、ねずみ男、猫娘だったかな?仕方なくちょっと前通り過ぎた休憩中のバイク軍団の所まで戻り尋ねると、さっき2人下っていったとのこと。

その後、船上山を上り(途中の景観は最高)第二CP到着。ボトル補給&バナナですぐにスタート。 ここからスピードアップを試みるが、もひとつキレがないので、刺激入れにダンシングを多用するも上体に力が入らずシッティングでだらだら上っていく。

大山名物‘香取の直線登りにかかる頃には脚はまだ残っていたが、すっかりエネルギー切れで蛇行する始末。

なんとか上り切った後、第三CPが見えてきたが一度降りると復活する自信が無かったのでそのまま通過。

おいしい、海鮮丼。絶品ですっ!残り5kmの登りをヨレヨレで終え、なんとかゴール。ニァームさんはとっくにゴールし、すっかりくつろいでおりました。

豚汁を食べた後速攻で着替え、約束していた境港の水木しげるロードへ向かう。1時間ほど散策し、海鮮丼をたいらげ帰途につきました。

コースはほとんどがアップダウンできつかったけど、天気も最高、景色も言う事無し レース後うまい物も食べれて、これだからやめられない。 おすすめの大会ですよ。
結果 
ニァームさん 3:19:18  12/258    
ヤマグチ   3:31:07  26/258

BY ヤマグチ


[ もどる ]